歯科スタディーグループ東京SJCD

会員サイト ログイン
東京SJCD 新規会員登録はこちら
 
 
 
 
 
☆☆ Society of Japan Clinical Dentistry ☆☆東京SJCD第2回ステップアップミーティングのご案内

厳寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る3月30日(日)に開催いたします『東京SJCD第2回ステップアップミーティング』につきましてご連絡申し上げます。今回のステップアップミーティングでは会員の先生に多岐にわたる分野においてケースプレゼンテーションを中心とした発表をしていただきます。また、前回同様、一部、診査・診断まで行われているケースに対し皆様とともに治療計画などをディスカッションしていくといった形式でステップアップミーティングを進行していく予定です。今回から、1つのケースを会場全体で熟慮し、より有意義な参加型ディスカッションを行えるよう、ディスカッションの時間を十分に確保いたしました。
皆様の日々の臨床のステップアップにつながれば幸いと存じます。
また、今回も東京SJCD会員同士の親睦を深めるためにステップアップミーティング終了後、懇親会を開催します。
あわせて皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますようお願いいたします。

また今回のステップアップミーティングでは、会員の皆様から活発な意見をお伺いし、よりステップアップミーティングが会員の皆様に有意義な機会となるよう、会員アンケートを実施いたします。
ぜひ、アンケートに参加していただき発表を聞いて分からない事項等をそのまま持ち帰らず、本会で答えを持って帰っていただき、皆様の日々の臨床のステップアップにつながれば幸いと存じます。

アンケートの詳細はこちら

日時:2014年3月30日(日) 13:00〜16:55 受付開始12:30
懇親会 17:20〜20:00(お申込書に記入しFAXにてお送りください。)
場所:お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター Room C

【タイムテーブル】

13:00〜14:20 安藤昇廣 先生
所属:皆川総合歯科クリニック
演題:「フルマウスリコンストラクションの診査、診断にCAD/CAMを用いた症例」 
14:20〜15:00 休憩 
15:00〜15:40 長谷川幸生 先生
所属:ワタナベ歯科医院
演題:「外傷後、接着性ブリッジを用いて前歯部補綴修復を行った症例」 
15:40〜16:20 町田真吾 先生
所属:中野デンタルクリニック
演題:「インプラントと矯正により咬合再構成を行っている症例」
〜多数歯欠損症例に対する診査診断と治療〜
16:20〜16:40 休憩
16:40〜16:55 松尾幸一 先生
演題:「SETUP MODELの注意点」
16:55〜 閉会
17:00〜19:30 懇親会

*東京SJCDの会員は無料で御参加頂けます。事前の予約等は必要ありませんので当日直接、会場へお越し下さい。
*一般のビジターは Dr.3万円・Dt.1万5千円・Dh.9千円となります。(予約不要)
*会員登録は入会された本人に限り有効です。例会・分科会等への代理参加は、同じ医院にお勤めでもお受け致しかねますのでご了承ください。
※講演中の撮影はご遠慮ください。

会場

お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター Room C
http://solacity.jp/cc/index.html
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
TEL 03-6206-4855

交通案内

■JRをご利用の場合
・JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口より徒歩1分

■地下鉄をご利用の場合
・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B2出口1直結
・東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅 出口1より、徒歩4分・都営地下鉄新宿線「小川町」駅 B3出口

皆川総合歯科クリニック 安藤昇廣

【演題】
フルマウスリコンストラクションの診査、診断にCAD/CAMを用いた症例」

【略歴】
2009年 奥羽大学卒業
2011年 皆川総合歯科クリニック勤務

【抄録】
患者は40歳、女性の方です。主訴は全体的に治してほしいとのことでした。前歯部はTEK、また既存の歯ではほとんど咬んでいない状態でした。
今回はSJCDで学んだ診査、診断から治療計画の一連の流れにCAD/CAMを用いた症例です。このケースを通じて先生方と様々なディスカッション、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

医療法人社団 同人会 ワタナベ歯科医院 長谷川幸生

【演題】
「外傷後、接着性ブリッジを用いて前歯部補綴修復を行った症例」

【略歴】
2004年 日本大学歯学部卒業
横浜市立大学医学部口腔外科 勤務
2006年 横浜市立大学付属市民総合医療センター歯科・口腔外科 勤務
2007年 済生会 横浜市南部病院 歯科・口腔外科 勤務
2010年 医療法人社団 同仁会 ワタナベ歯科 勤務
2011年 SJCDレギュラーコース 終了
2013年 原宿マスターコース終了 IFEDサマーセミナー(ミュンヘン)終了
2014年 SJCDマイクロコース(ベーシックコース)受講

【抄録】
歯科医療におけるMI(minimal invasive treatment)の概念は浸透しつつあります。この時、患者のニーズによって理想的な修復処置が行えない現状があります。特に前歯部審美領域での単独欠損における歯冠修復はインプラント補綴での修復を選択出来ない場合、補綴の選択肢はブリッジ補綴を選択せざるを得ません。今回の症例において、このような単独欠損における補綴処置に接着性ブリッジ(resin-bonded fixed partial denture)を用い、ジルコニアにて修復したので報告させて頂きます。

中野デンタルクリニック 町田真吾

【演題】
「インプラントと矯正により咬合再構成を行っている症例」
〜多数歯欠損症例に対する診査診断と治療〜

【略歴】
2007年 日本大学歯学部卒業
2007年 日本大学歯学部研修診療部 入局
2008年 天川デンタルオフィス外苑前 勤務
2009年 中野デンタルクリニック 勤務

【抄録】
多数歯欠損症例において、ロウ堤とセファロによる診査診断により、ゴールを明確にすることで、治療精度の向上や治療時間の短縮になると考えます。
今回インプラントにより臼歯部のバーティカルストップを確立し、矯正によりトゥースポジションを改善した症例になります。

懇親会お申込み書はこちら

 

東京都渋谷区渋谷2-1-12東京セントラル宮益坂上4F
TEL/FAX:03-3400-3482