歯科スタディーグループ東京SJCD

会員サイト ログイン
東京SJCD 新規会員登録はこちら
 
 
 
 
 
東京SJCD第2回ステップアップミーティングのご案内
 

新春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る3月20日(水・祝)に開催いたします『東京SJCD第2回ステップアップミーティング』につきましてご連絡申し上げます。
今回のステップアップミーティングでは会員の先生に多岐にわたる分野においてケースプレゼンテーションを中心とした発表をしていただきます。また、今回は一部、診査・診断まで行われているケースに対し皆様とともに治療計画などを討論していくといった形式でステップアップミーティングを進行していく予定です。発表を聞くだけでなく、ドクター・ハイジニスト・テクニシャン問わず、質疑応答などを交える参加型ディスカッションにより、皆様の日々の臨床のステップアップに つながれば幸いと存じます。
また、今回も東京SJCD会員同士の親睦を深めるためにステップアップミーティング終了後、 懇親会を開催します。
あわせて皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますようお願いいたします。

 

日時
22013年3月20日(水・祝) 13:00〜17:00 受付開始12:30 懇親会17:30〜 

会場
株式会社ヨシダ 上野本社
〒110-8507 東京都台東区上野7-6-9
TEL 03-3845-8507

交通案内
地下鉄をご利用の場合
・東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅より徒歩3分
JRをご利用の場合
・JR上野駅 入谷口より、徒歩3分

 

*東京SJCDの会員は無料で御参加頂けます。事前の予約等は必要ありませんので当日直接、会場へお越し下さい。
*一般のビジターは Dr.3万円・Dt.1万5千円・Dh.9千円となります。(予約不要)
*会員登録は入会された本人に限り有効です。例会・分科会等への代理参加は、同じ医院にお勤めでもお受け致しかねますのでご了承ください。
※講演中の撮影はご遠慮ください。

懇親会について
新春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る3月20日(水・祝)に『東京SJCD第2回ステップアップミーティング』が開催されます。
今回も前回に引き続きステップアップミーティング終了後に懇親会を開催することになりましたのでご連絡
申し上げます。
懇親会ではドクター・ハイジニスト・テクニシャンを問わず、お互いに日々の臨床での悩みや様々な意見交換・情報交換をすることで、良い刺激を受け合い、東京SJCD会員同士の親睦を深める楽しい時間となれば幸いに存じます。
 是非、皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますようお願いいたします。

お忙しいところ、お手数ではありますが、事前登録制とさせて頂きます。

参加ご希望の方のみ、診療室名、参加人数、ご連絡先
をご記入の上、3月1日(金)までに東京SJCD事務局迄、FAXにてお申し込み下さいますようお願い致します。

<<お申し込み書はこちら(PDF)>>

* 尚、期日を過ぎてからの申し込み、当日のキャンセルは受付致しかねますので、ご了承ください。

日時  :平成25年3月20日(水・祝) 17:30〜
会場  :中国料亭 翠鳳 上野本店(http://www.suihou.com/index.html
参加費:DR,DT 3,000円 DH 2,000円 (当日集金いたします)


 

【タイムテーブル】

開会 13:00

13:00〜13:40
春日賢司先生
所属:中野デンタルクリニック
演題:「欠損修復〜包括的治療、ゴールへのアプローチ〜」

13:40〜14:20
鈴木和之先生
所属:VIVO Dental Studio
演題:「インプラントアバットメントを再考する」

休憩 14:20〜14:50

14:50〜15:30
富施博介先生
所属:ライフデンタルクリニック
演題:「すれ違い咬合のフルマウスリコンストラクション」

15:30〜16:10
佐藤博宣先生
所属:ウィステリアデンタルクリニック
演題:「酸蝕症による咬合崩壊に対する審美補綴治療」

休憩 16:10〜16:20

16:20〜16:50
日高豊彦先生
演題:「文献検索と実際」

閉会 17:00

懇親会 17:30〜

 
 

中野デンタルクリニック 春日賢司

演題
「欠損修復〜包括的治療、ゴールへのアプローチ〜」


略歴
2007年 日本大学歯学部卒業
2007年 北戸田スマイル歯科勤務
藤岡歯科医院勤務
2009年 中野デンタルクリニック勤務

抄録
今日の歯科治療において、新しい技術の台頭や材料のめざましい発展があり素晴らしい結果が得られています。ただ治療を成功へ導くために最も重要なことは、十分な診査・診断を行い、術前に治療の幹となる部分を見極め、包括的な治療計画を立案・実行することであり、それが永続性のある治療結果に繋がると考えます。
今回は、臼歯部に欠損がある患者さんに対して、インプラントを用いて残存歯の保全と機能回復を目的とする全顎治療をするにあたり、十分な診査を行うことで、問題点が明確になり、シンプルな治療計画が立案できたと思われる症例について現在治療途中ではありますが発表致します。
今後の治療にフィードバックするために、皆様に意見を頂ければ幸いです。

 
 

VIVO Dental Studio 鈴木和之

演題
「インプラントアバットメントを再考する」


抄録
今や多くのインプラントシステムが存在するが、その術式はそれ以上にあると言える。そして、CAD/CAMの普及に伴い上部構造や アバットメントの種類や材質も多岐に渡る。
しかしながら、インプラント治療を成功に導くための重要な要素は形態(デザイン)ではないだろうか。特に、日頃の技工操作において アバットメントの(形態)デザインは重要と考える。そこで、いかにインプラント周囲組織の維持を図るか、その製作手順と形態(デザイン) についてテクニシャンサイドから述べようと思う。そして、Dr.とDt.の意思の疎通に有効なプロトコールに活かしたいと思う。

 
 

ライフデンタルクリニック 富施博介

演題
「すれ違い咬合のフルマウスリコンストラクション」


略歴
2001年 日本歯科大学卒業
2001年 足立区の早川歯科医院に勤務
        横浜市のみつわ歯科医院に勤務
2002年 豊島区の飛鳥歯科医院に勤務
2003年 渋谷区の原宿石川歯科医院に勤務
2005年 東京SJCDレギュラーコース修了
2006年 みつわ歯科医院に常勤として勤務
2008年 川崎市にライフデンタルクリニック開業

抄録
患者さんは65歳 男性、インプラントをしたいとのことで来院されました。
口腔内は、すれ違い咬合となっており、咬合平面のズレや上学前歯部の叢生、左右側の顎堤吸収具合も異なる3次元的な咬合再構成が必要なケースです。
SJCDのトリートメントフォローチャートに沿って、診査診断、再評価など整理しながら治療を進めることが出来ました。

 
 

ウィステリアデンタルクリニック 佐藤博宣

演題
「酸蝕症による咬合崩壊に対する審美補綴治療」

略歴
1999年 東京医科歯科大学歯学部卒業
高齢者歯科学(第三補綴)講座 入局
2003年 千葉県松戸市 ラビット歯科勤務
2007年 東京都大田区 ウィステリアデンタルクリニック開設

抄録
近年、Tooth Wearの中でも酸蝕については注目されつつある分野である。以前は酸蝕の主たる原因は職業性由来のケースが多いと捉えられてきたが、しかし実際には若年者を中心とした摂食障害、いわゆる過食症や拒食症が原因となっているケースも多い。Tooth Wearの診断には、患者の背景や日常生活を十分理解する必要があり、適切な診断のもとに予防・治療をすすめていくべきである。
今回、摂食障害の既往により審美・機能的問題のある患者に対してフルマウスリコンストラクションを行った症例を報告する。

 
 
東京都渋谷区渋谷2-1-12東京セントラル宮益坂上4F
TEL/FAX:03-3400-3482