歯科スタディーグループ東京SJCD

会員サイト ログイン
東京SJCD 新規会員登録はこちら
 
 
 
 
 
☆ Society of Japan Clinical Dentistry ☆
東京SJCD第2回ステップアップミーティングのご案内
 

厳寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る3月20日(火・祝)に開催いたします『東京SJCD第2回ステップアップミーティング』につきましてご連絡申し上げます。今回のステップアップミーティングでは4人の会員の先生が多岐にわたる分野においてケースプレゼンテーションを中心とした発表をしていただきます。発表を聞くだけでなく、ドクター・ハイジニスト・テクニシャン問わず、質疑応答などを交える参加型ディスカッションにより、皆様の日々の臨床のステップアップにつながれば幸いと存じます。また、今回より東京SJCD会員同士の親睦を深めるためにステップアップミーティング終了後、懇親会を開催します。
あわせて皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますようお願いいたします。

 
ステップアップミーティング ニュースはこちら
 
日時 : 2012年3月20日(火・祝)13:00〜17:00 受付開始12:30
懇親会17:00〜19:30 
会場 : ホテルフロラシオン青山
〒107-0062 東京都港区南青山4-17-58 TEL 03-3403-1541(代)

*東京SJCDの会員は無料で御参加頂けます。
事前の予約等は必要ありませんので当日直接、 会場へお越し下さい。

*一般のビジターは Dr.3万円・Dt.1万5千円・Dh.9千円となります。(予約不要)
会員登録は入会された本人に限り有効です。例会・分科会等への代理参加は、同じ医院にお勤めでもお受け致しかねますのでご了承ください。

※講演中の撮影はご遠慮ください。
 
【タイムテーブル】

開会 13:00

13:00〜13:20   日高豊彦会長 「SJCDプレゼンフォーマットの解説」
13:20〜13:30   皆川仁先生 「ニュートピック」
13:40〜14:20   片山明彦先生  所属:稲毛デンタルクリニック
演題:「咬合崩壊を伴った慢性歯周炎患者に対して歯牙移植を行い対応した症例」
14:20〜15:00   上妻和幸先生 所属:こうづま歯科医院
           演題:「SJCDで学んだエッセンスを用いて、機能と顔貌の回復を図った1症例」

休憩15:00 〜15:30

15:30〜16:10   大石典子先生 所属:ラウムデンタルクリニック
  演題:「歯列不正を伴うインプラント治療」
16:10〜16:50   武川泰久先生 所属 :seafort dental clinic
            演題:「包括的歯科治療における矯正.CAD/CAM.TADsの役割」

閉会 17:00
懇親会 17:00〜19:30  (懇親会のお申込みはこちら
 
 
稲毛デンタルクリニック 片山明彦
略歴
1999年 東京歯科大学卒業
      慶応義塾大学病院医学部歯科口腔外科学教室
2001年 東京歯科大学歯周病学講座
2007年 神田デンタルクリニック開設
      稲毛デンタルクリニック開設
2011年 東京SJCD レギュラーコース受講

演題 「咬合崩壊を伴った慢性歯周炎患者に対して歯牙移植を行い対応した症例」
抄録
歯周炎患者において欠損歯列を放置することは、咬合関係の変化を招き、歯周組織の破壊をさらに進行させる。このような症例では歯周組織の炎症を取り除くとともに、不適切な咬合の因子を改善する必要がある。今回、歯周治療と歯牙移植、矯正治療にて咬合の再構成を行い、良好な結果が得られた症例を報告させて頂きます。
 
こうづま歯科医院 上妻和幸
略歴
1997年 日本歯科大学卒業
1999年 医)幸友会 中野デンタルクリニック勤務
2003年 東京SJCDベーシックコース修了
2007年 こうづま歯科医院を開業

演題 「SJCDで学んだエッセンスを用いて、機能と顔貌の回復を図った1症例」
抄録
多数歯欠損により上下のすれ違い咬合となった今ケースに対し、SJCDで学んだ診査診断の方法と種々の測定、そして審美修復における様々なエッセンスから、有歯顎時の咬合状態を目標にし、局部床義歯を用いて機能と顔貌の回復を求めた症例の一考察です。
 
ラウムデンタルクリニック 大石典子
略歴
1997年 奥羽大学卒業
同年   東京医科歯科大学保存科入局
1998年 愛児の会デンタルクリニック勤務
2004年 ラウムデンタルクリニック勤務
2007年 レギュラーコース受講
2009年 マスターコース受講

演題 「歯列不正を伴うインプラント治療」
抄録  
インプラントは、不可逆性の外科治療であり、その前に口腔内の環境を整えていくことが望ましい。今回は、患者さんと話し合いつつ、目指すゴールに近づいていったケースを発表させていただきます。
 
seafort dental clinic 武川泰久
経歴
2003年3月 明海大学歯学部卒業
2003年4月 東京医科歯科大学歯学部研修医
2005年3月 同研修医終了
2005年4月 医療法人栄潤会入社
2008年2月 医療法人栄潤会理事
        seafort dental clinic 院長
        飯島歯科矯正科勤務
2010年  camlog インプラントアドバンス12ヶ月コース
2011年  東京SJCDレギュラーコース受講

演題「MIを考慮した包括的歯科治療におけるCT.CAD/CAM.TADsの役割」
抄録
専門医制度が発展した欧米では補綴医が中心となり共同して患者を治療するインターディシプリナリーアプローチが普及している 日本の実情では一部に専門医同士が連携している事例はあるものの、なかなか共通の治療目標を掲げて治療を追及する環境は育ちにくいと言わざるおえない それに比べて一人ですべての専門分野の技術を駆使し、ときには他の専門医とも共同作業を行うマルチディスプリナリーアプローチは日本で実践するには適していると思う。 今回のケースはMIを考慮したマルチディスプリナリーアプローチにより治療介入をしCT,CAD/CAM、TADsを使用してステップを踏んでファイナルに向かっていったケースを去年受講させて頂いたSJCDのチャートに沿ってお話させて頂きたい。
 
 
東京SJCDステップアップミーティング 懇親会へのお誘い
 
厳寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、来る平成24年3月20日(火・祝)に『東京SJCD第2回ステップアップミーティング』が開催されます。
今回からステップアップミーティング終了後に懇親会を開催することになりましたのでご連絡申し上げます。
懇親会ではドクター・ハイジニスト・テクニシャンを問わず、お互いに日々の臨床での悩みや様々な意見交換・情報交換をすることで、良い刺激を受け合い、東京SJCD会員同士の親睦を深める楽しい時間となれば幸いに存じます。  
是非、皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますようお願いいたします。 お忙しいところ、お手数ではありますが、事前登録制とさせて頂きます。
 
参加ご希望の方のみ、診療室名、参加人数、ご連絡先 をご記入の上、2月29日(水)までに東京SJCD事務局迄、FAXにてお申し込み下さいますようお願い致します。
* 尚、期日を過ぎてからのお申し込み、当日のキャンセルは受付致しかねますので、ご了承ください。
日時 :平成24年3月20日(火・祝) 17:00〜19:30
会場 :ホテルフロラシオン青山(http://www.floracion-aoyama.com/
参加費:DR,DT 4,000円 DH 3,000円 (当日集金いたします)

 

懇親会お申込み書はこちら
 
東京都渋谷区渋谷2-1-12東京セントラル宮益坂上4F
TEL/FAX:03-3400-3482