歯科スタディーグループ東京SJCD

会員サイト ログイン
東京SJCD 新規会員登録はこちら
 
 
 
 
 

去る3月1日、2008年度東京SJCD第3回例会が都市センターホテルにて開かれました。

鈴木会長のご挨拶の後、Dr.寺内吉継、Dr.吉松宏泰、Dr.田中志歩、新潟SJCD理事Dr.武井賢郎の4名の先生方からプレゼンテーションをしていただきました。

 
 

医療法人社団インテリデント理事長のDr.寺内による、「自費で行う根管治療がもたらすモノとは・・・」から本年度最後の例会の講演が始まりました。自費診療でできる制約のない最先端の根管治療の世界を惜しみなく披露していただきました。

ランチタイムをはさみ、SJCDマイクロエンドコースインストラクターを務めるDr.吉松の「マイクロエンド 2009 Checking view から Working view へ」で午後の講演が始まりました。豊富なアイデアから生まれた、根管治療で有効に使える治療器具の数々を紹介していただきました。

 

Dr.田中による「Ridge Augmentationを行いBrを選択した症例」は、Dental CT 及びX-rayから骨の審査を行い、HVC分類にあてはめ診断、治療を行った症例のプレゼンでした。

そして最後は、新潟SJCD理事Dr.武井の「フルマウスリコンストラクションにおけるメタルプロビジョナルレストレーションの意義」の講演。咬合力が強く、長期に経過観察をする患者様のプロビジョナルレストレーションで起こる咬合の不安定性を、メタルを使って解決した方法を講演していただきました。

鈴木会長のご挨拶で、本年度の例会も無事に閉会することができました。今回の例会では、他支部の会員の方々もご来場いただき非常に活気がありました。来年度はこれまで以上に他支部の会員にも来場していただき、講演をしていただければと思います。今回、ご都合がつかなかった会員の方々も、来年度の例会にはぜひご出席ください。

 
東京都渋谷区渋谷2-1-12東京セントラル宮益坂上4F
TEL/FAX:03-3400-3482