歯科スタディーグループ東京SJCD

会員サイト ログイン
東京SJCD 新規会員登録はこちら
 
 
 
 
 

去る7月19日・20日に、第2回SJCDインターナショナル主催の第2回合同例会が火の国熊本で行われました。

熊本SJCD会長である吉永修先生より開会宣言の後、山崎長郎インターナショナル会長からご挨拶、S.J.C.D.インターナショナル副会長の本多正明先生のご挨拶を経て、第2回合同例会が始まりました。

東京SJCDからは瀬戸延泰理事、松本邦夫先生がケースプレゼンテーションを行いました。また、座長として鈴木真名会長、土屋賢司顧問もステージに上がりました

 
 

この例会では、まさにSJCDの原点とも言うべきケースプレゼンテーションを各支部の代表者に行ってもらいました。初日はコンベンショナルとインプラントのケースプレゼンテーションが行われました。全国の会員による熱いディスカッションが行われ、前列に座る審査員、500人に及ぶ参加者、賛助会員の目も真剣そのものでした。

 

その後は場所を代え懇親会が行われました。今回は全国のSJCDの会員が集まったということもあり、全国のSJCDの会員と交流が持てるまたとない機会ということで会員の方には非常に有意義な懇親会でした。熊本SJCDの会員の方々、お疲れ様でした。

2日目のケースプレゼンテーションは東京SJCDの松本先生から始まりました。昨日の疲れなど微塵も感じさせないプレゼンテーションでした。その後も、例会は進み最後から一つ前に瀬戸理事のケースプレゼンテーションが行われました。審美治療における補綴前処置を考えるという症例発表でしたがまさに完璧の一言のケースプレゼンテーションに、会場の方々も完全に引き込まれていました。

最後に審査員の方々の点数シートを集計したところ、見事に東京SJCDの瀬戸理事が一位、松本先生が二位を獲得しました。山崎長郎先生から総評をいただき、ついに第2回合同例会も終了。と思いきや、会長から福岡SJCDの高田先生に審査員特別賞を突然授与、大いに沸いた会場で今回の合同例会も無事にお開きとなりました。

 
東京都渋谷区渋谷2-1-12東京セントラル宮益坂上4F
TEL/FAX:03-3400-3482